在宅ワークの欠点3点

これからは情報化社会になっていって、

会社で仕事をする事は当たり前という社会は減っていきます。

これから在宅ワークをするに当たって、やってはいけない事をお話しします。

まずやってはいけない事として、

自分の家でやる仕事の為、仕事の意識が途切れやすく、

1・仕事を自分の生活より後回しにする事です。

どうしても、外で仕事をしていたのであれば、家はリラックスをする

スペースとして、とらえてしまうでしょう。

いざ、仕事となると、この番組を見てから、これを食べてからになりがちです。

なので家で仕事をする事が後回しになってしまい、結局は収入には

ならなかったりするワケです。

どうしても家で仕事をする事ができなかったら、ネットカフェ等で

仕事をする方がよいと思います。

その他ノートパソコンがあれば無線LAN(Wi-Fi)がつながる環境。

カフェであったり、ファミレスであったり、長期に滞在する事を

禁止するカフェやファミレスもありますが、誘惑が少ないので

仕事をするにはもってこいの場所ではないでしょうか?

2・睡眠時間を削る

今日はあれこれやってしまった。もう寝る時間になってしまったが、

仕方がない、睡眠時間を削って仕事をしよう。という考えです。

これも正直よくありません。睡眠時間を削ってはりきるのも良いですが、

次の日は体力がもちません。遊びと違い、ストレスが多いものですから、

徹夜などで仕上げてしまうと、次の日はとても起きていられる状態では

なく、集中力もほぼない状態になってしまいます。

IT関連で今の体制では違いますが、昔働いていて3日連続で仕事という

事が私にはありました。3日目はまったく仕事になりませんでした。

やる気があるのかどうかではなく、ただ体力がありません。

昔は、定時で変えるとやる気がないのか?等と考えられていた時代でした。

現在は、残業時間の合計など決まっています。が未だにルールを守れてない

会社は数多く存在します。

過労死という言葉も今も消えることなく存在しています。

過労死という事を始めて知ってその会社は危ない等目立つ存在になります。

その間は平社員は使いたい放題です。疲れて辞めてしまってもそれはニュース

になる事は、ほとんどありません。

自分の家のスペースを仕事をする場所とリラックスする場所を変えて、

仕事に挑みましょう。段ボールなんかで仕切ってもいいですし、

パソコンのある場所には何もおかない。仕事のもの以外はおかずに

仕事をやり続けるという環境を作る事で、朝から仕事をして、

夜は完全に眠るモードにしましょう。

3・最初から高い報酬は目指さないマインドを強くする事

初心者は特にそうですが、最初は単価の低い案件から挑戦しましょう。

家で仕事をするとなるとやっぱりさきほども言った通りリラックスする

気持ちの方が上になるので気がゆるみがちです。

気が緩むのを防ぐためにもマインドを強く保つ必要があります。

始めてやるのであれば、最初は収入の高い案件から始めると集中力が

正直もちません。なので低い案件で自分の集中力を高めるためにも、

低いところから始めてみましょう。

最初は正直、生きていかれるかの金額ぐらいですが、

低い案件をこなす事で自分磨きがされていきます。低い案件がこなせるように

なったら、そこから徐々にステップアップをしていきましょう。

最初から値段の高い仕事を狙ってすると挫折+相手の企業に迷惑を

かけるのでやめておきましょう。

クラウディア

在宅ワークで今後稼いで行きたいと思うのであれば下記のセミナーを受ける事で

タイピングも出来ない初心者から上級者になる事ができます。

まとめ

これまで述べてきて在宅ワークで稼ぐ事を考えている方は

この問題をまず考えて行動しましょう。

・仕事をするパソコンの周りに仕事の資料以外なにもおかない

・仕事の環境を作るためにカフェ等に行く。

・仕事なので後回しは禁止

これらをやると仕事がやれる環境になるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です