退職届を出したいが出せない。断られた。

正直、会社を辞めたい。けど辞められない。

退職を申し出たけど断られた。というケースです。

退職を潔く申し出たにも関わらず受理されなかった時っていう事態に

なった場合はもう次の日から会社に行きたくないですよね。

ここで、出てくるのが退職代行という職業です。

退職代行って聞いたことありますか?

聞いた事あるけど、結構な金額取られるんじゃないの?

とか、違法じゃないの?等色々な考えがあると思います。

結果で言うと、退職代行を使用すると、次の日会社から電話がかかってきたり

違法で訴えられる事はまずないです。

民法で【退職の自由】が認められていて、ほぼ2週間で退職可能です。

しかし、個人で退職を願い出た時には、出来ないといった事があるのが事実です。

退職代行は違法?

退職代行は違法ではありません。

退職代行を使うと次の日に退職できていたり、会社によっては次の

転職のサポートまでしてくれます。

ラクに辞める事が出来てしまいます。

退職代行のお仕事は結論から言うと合法です。

「退職の自由」は法律で認められていますので、

会社に引き留められていても会社を辞める権利があります。

民法627条1項を見て下さい。

『当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。』

見ていただければ分かりますが、退職を申し出ることが可能です。

色々な会社のルールにより退職届を出した日から1ヵ月や2ヶ月

と決めている会社もありますが、基本的に2週間での退職が

認められています。

会社のルールよりも民法の方が圧倒的に上です。

退職日までの2週間は休んでOK

退職日まで今まで使えなかった有給を思う存分消化できます。

さらに、欠勤をする事もで来ますが、給与から差し引かれる場合も

あります。

ここで、有給が足りなくて、会社に欠勤させて下さい

という事を言うのはかなり困難な状態だと言えます。

そこで退職代行の出番です。

退職代行業者は、退職の手続きを本人に代わって行ってくれるため、

もう会社に直接連絡をしたり、出社する必要はありません。

ただのバックレは厳禁!

退職代行を使用するよりも会社をそのままバックレる事は厳禁です。

無断欠勤やバックレをして退職した場合は、懲戒解雇扱いに

なる場合があります。

その場合、給与は払われても、その後の退職金が減ってしまったり、

転職での活動が不利になったりします。

懲戒解雇を隠せば、経歴詐称や離職票にも「重責処分」

と書かれてしまいます。

これらの理由からトラブルをなくして退職代行を使用して、

次の転職活動に案して進む事ができます

悪質な退職代行業者には注意

退職業者には違法性はないとは言え、退職したくて悩んでる人に

つけこんで代行料金を多く取る業者もあります。

多くお金を払った割には、退職代行をまともにやってくれなかったり、

結局退職が出来なかったりします。

こういう業者には注意が必要です。

退職業者をチェックする

最初に料金の確認をしましょう。

どこからどこまで頼ってその金額なのか。

大体の金額は2万円~5万円です。それ以上摂取される

場合は疑いをかけましょう。

業務範囲はここまでだという事を知る事を確認しましょう。

電話対応の確認をする

電話対応で丁寧かつ細かい所まで内容を話せると安心が出います。

またメールやLINEで連絡しても30分ほど経っても連絡がない

場合や何日も連絡がない。等ある場合は、

その業者を使用するのは止めておきましょう。

どうしても不安な場合は弁護士に頼む

どうしてもどこの退職業者は怪しいと思ってしまう場合は、

弁護士に頼みましょう。しかし退職業者よりも値段は高くついてしまいます。

もし退職業者とのトラブルに巻き込まれた場合は、以下の所に

電話をしましょう。

法テラス

https://www.houterasu.or.jp/index.html

対応時間:平日9時~21時。土曜日:9時~17時

法律相談センター

https://www.horitsu-sodan.jp/

対応時間:平日10時~16時

国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/map/

対応時間:10時~12時、13時~16時(平日のみ)

トラブルに巻き込まれない安全な退職代行サービスを調べてみました。

退職代行ニコイチ

一律27000円

対応時間:7時~23時30分

退職成功率100%

14年の実績があります。

辞めるは恥だが役に立つ【退職代行サービス 辞め恥】

電話で連絡すると何やら誘導されそうだなと感じるときには

無料で最初のLINEでの無料相談が受けられます。

「失業保険サポート」 「有給取得サポート」 「退職後サポート」

がついています。

汐留パートナーズ:弁護士だから安心!

弁護士が退職代行をしている為、代金は他よりも高くなっています。

その変わりかなり困難な内容でも受領できてしまいます。

弁護士さんの退職代行です。

LINE・メール:24時間。電話:10時~21時。

相談は無料なのでLINEやメールで相談がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です