相手に腹が立った場合の対処

相手に腹が立った場合の対処法ですが、

これは「嫌われる勇気」からのほぼ抜粋してますので、

嫌われる記事を読んだ方は分かる内容だと思います。

相手に腹が立った場合、

自分はあまり腹が立った事はないのですが、

相手に腹が立って怒りをぶちまける場合の事です。

たとえば、相手がレストランにいるウェイトレスだった場合、

水をあなたにこぼしてしまいました。

そしたら、あなたはどうしますか?

なにすんだこら!!と怒鳴り散らしながらもしかしたら

慰謝料等を請求するかもしれません。

謝っているのにも関わらず誠意を見せろとつまり慰謝料ですね。

を要求するかもしれません。

しかし、そこで立ち止まって水をぶっかけた相手が、

モデル並みの美人だったら美人でスタイルがめちゃめちゃ

よかったら・・・。

超絶イケメンだったらジャニーズにいるような人だったら

怒るでしょうか?っという話です。

不安・憎しみ・怒り・後悔・劣等・

こういう感情をもっていれば、相手の足をひっぱる事や

ストレスを解消するなど

その感情をいい道具にして使用していないかという事です。

水をこぼして怒るのは当然かと思いますが、

このルックス・スタイルを見て怒らないのであれば、

水をこぼされて怒らないのは水をこぼして怒った理由では

ないのではないか

何か自分の事で不幸があったから、上司から怒られた。

後輩に先を抜かれた。パチンコで負けてしまった。

等の前もってあった怒りをどこかにぶつけたかった。

怒りを持って目的を達成したかった

その感情は負の感情を利用したかっただけじゃなのか

という事ですね。

アドラー先生のお言葉です。

そこでどういう行動をとればよいか、そこで立ち止まって

いる事ではなく、未来に向かって歩いて欲しいという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です