固定観念は捨てよう

固定観念とは?


「固定観念」(こていかんねん)とは
は、固着観念(こちゃくかんねん)ともいい、他者の意見や状況の変化に応じず、
そして行動につながっているような観念のこと
教育、文化から来る知識も、常にそうではないが固定観念となっている場合がある。
呪術に基づく迷信や、思想や宗教もそうである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BA%E5%AE%9A%E8%A6%B3%E5%BF%B5

この前、知り合いからこんな相談を話されました。
今の職場は給料が安い上に、残業時間が多いどうしよう」

今の職場は給料が安い上に、残業時間が多いどうしよう

じゃぁ職種を変えればいい。

どんな職業に?

例えばプログラムだったら今流行っているものだし、
プログラムのスクールなんて選び放題だからそっちの
方が給料もあがる。またはせどりなんてものもあるし
今の職場以外にもお金になる仕事はいくらでもあるよ

でも、そんな事言われても才能ないし

才能だけじゃないんよ。才能よりも数段の努力でなんとかなるものだよ

でも、そんなに頑張っても無理だし・・・

以前こういう会話をしました。給料が安い、残業が多い。
だったら職を思い切って変えろと言っても、その職場に
いるみたいです。

固定観念にとらわれる

固定観念にとらわれるという事は考えが凝り固まって自由な考えができない
という意味です。「自由に考える事ができない」という意味です。



 ●色んな人に相談はしたけれど、結局は自分の考え優先

等あると思います。

固定観念を捨てる

固定観念を捨てる方法とは、まずは失敗してもいいのでチャレンジをする事です。
私はこれしかできない。これじゃないと失敗する。という考えを捨てて、
新しい事へのチャレンジです。

もちろんチャレンジするという事は大変な事ではありますが、
新しい事を始めなければ、相談しても進む事はありません。

失敗は当たり前

ここで、いざチャレンジをしてみましょう。
最初は苦しい所から始まり、失敗を多く重ねるでしょう。


ここでの固定観念をもつ人はそれみた事かアドバイスなんか
信用するんじゃなかったみたいな。相談相手を悲観的に見てしまいます。



しかし、失敗する事は当然の結果なのです。何で失敗をしたのか等
そこを考えて次回はしないように考えればよいだけです。

失敗は恐れず、過去は忘れよう

さきほど失敗は当たり前と言いました。当然です。


やり始めなんですから、失敗してそこで凹んでしまっても
人のせいにしない。失敗から学ぶ。何度でも失敗してよい。


失敗して修正出来たら忘れよう。

まずは本を読もう

固定観念を捨てるにはまず本を読みましょう。

Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場

本を読む事で、自分の人生の幅が広がります。
こういう事で成功が出来る、ああいう事で成功ができる。

等色々とあります。

自分にはこれしか出来ないという固定観念が本を読むことに
よってだんだんと薄れていくでしょう。

「先入観」「思い込み」もだいたい一緒

どうせ自分は勉強しても無理だろう。
容量が悪いから無理だろう。という考えや

まずは現在流行りつつあるプログラムのお仕事です。
現在、プログラマーが少ないので需要は大きいですが、
見た瞬間に何がどうなっているか分からない
文字列の塊です。

これをみた瞬間に、自分はダメだは向いてない。
とやってもいないのに思いこむ事です。

やってみないとわかりません。
目の前にあるよくわからない事で断念するより


まずはやる事です。

私も人に対する先入観はあります。ピアスをいたる所につけていて
タトゥーも入ってる。絶対怖い人やん。と思ったりしますが、
実際話してみると、かなり謙虚な人だったりする事が多いです。

固定観念に縛られず経験者の話等を聞く

何回も言いますが、ただただ私は出来ないという固定観念は捨てて
とりあえず、やってみようという事を意識しましょう。

相談しておいて、
「私には出来ない」
を真っ先に思い浮かぶのはNGです。

経験者のいう事ほど、かなりの説得力があります。
考えるより、先に行動です。

経験者や成功者の話を聞くと、スタート地点が短くなります。
失敗が多いなぁ。という所でもその人達は同じところで失敗しています。


そして話を聞くことにより、スタート地点からゴールまでの距離は
短くなります。失敗談を聞く事によって、その失敗を回避できるからです。

早い遅いは関係ない

一緒に新しい事にチャレンジした人は、もうあんな所に行っている・・・
が自分はまだここ。という比べるのも止めましょう

自分は、自分のペースがあります。人の事をいちいち気にしてる余裕があれば
そのチャレンジした事にもっともっと意欲を注ぎましょう。

まとめ

固定観念から脱却する方法を書いてみました。


もちろん固定観念があるという事は今までの経験や体験から
成り立っているもので、悪い訳ではありません。


今までの積み重ねがあるとその分野での発想力などが出て
そのビジネスで活かせる事が多いです。


が思考をその所でストップさせるのではんくて、幅広く
柔軟な考えを持つことが良いと言えます

おススメ記事 未経験からITエンジニア業界に参入可能か?


おススメ記事 自宅で知識0から副業を始めるスクール


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です