過去のトラウマをよく思い出す

過去に何かしら、あなたにとってとても
悪い事があったとします。



とても落ち込んでしまい、もしかしたら
死のうなんて考えたかもしれません。



そしてそこから前へ進めずに、苦しさから
抜け出せずにいる毎日を送っている方への
メッセージです。

とりあえず行動を起こそう。

とりあえず行動を起こそう。

過去にトラブルがあってなかなか思うように
前進が出来ませんが、ここは前進をしましょう。



仕事であったり、人間関係であったり、
また、親子、恋人、関係であった場合、



もうやりたくない!




という気持ちもありますが、


前へ進みましょう。


前へ進むことによって、過去の事をカバーする事が
でき、現在よりも未来先へ進む事によって、
未来への進む事の方が大切になってきます。



過去は中々忘れる事はできないでしょうが、
前へ進んで行きましょう。大切な事です。

前へ進む事は変化を求める事。

前へ進む事が大事な事ですが、それと同時に
自分への変化を求めています。



何事にも対してですが、前へ進む事は
同時に変化を求める事でもあります。



そして、そこで壁にぶつかるでしょう。


変化を求める事は壁にぶち当たる事でもあります。
そして、そこで止まってしまったら、
どうなるでしょうか?



また元通りの所へ戻ってきて、過去を思い出し
またトラウマで毎日うなされるだけです。



過去のトラウマと戦う為には、前へ進み、
そして変化を感じる事です。



そして、変化を起こす事はそこから
壁が現れます。


そこでまた変化は無理だぁ。



と心が折れる場合もありますが、こらえて、
壁をちょっとずつ壊していきましょう。



前へ進めば壁もおのずとちょっとずつ
壊れていきます。そしてそこへ光が待っています。
変化への努力が実ります。

変化を恐れてはいけない。

変化を恐れてはいけない。

変化を起こす。未知への行動を取るという事は
どういう事かというと、未来なんて誰も予測は
できません。その未来への明かりがない道を
ドンドン先に進んで行かねばなりません。



もし、また未来が過去のトラウマと同じような事
であった場合や、未来で失敗してしまった場合は
どうしよう。という考えを持った場合は、
先へ進むことはできません。



どのような未来であっても先へ進みましょう。


その中に失敗等も必ずあります。が





失敗というものは通過点でしかありません。
恐れて止まる方が、自分の為にもなりません。



ここは前進してトラブルがあっても前進しましょう。

変化への恐怖への克服

変化への恐怖への克服

自分への変化をする時に前へ進む時の恐怖と
未来が見えない恐怖がありますが、
自分が変化をする事によって得られる未来。



今抱えている問題よりも大きく素敵な未来が
ある事を確信して前へ進みましょう。



変化を求めるという事はとても疲れる事ですが、
今の自分を変える事はできません。



こういう未来がやってくる事を文字にでも
書いて、毎朝こういう未来がやってくる事を
想像しながら、毎日過ごしましょう。

スポンサーサイト

プライドはいらない。

プライドはいらない。

よくいるプライドの持ち主に、
ついていけない理由と共に、

このままでよいんだ!
スマートフォンの機能がなくても自分には知識がある!




とかの謎の自信と新しいものに対する否定的な人
いませんか?自分よりもアイディアや知識のある
年下のアドバイスにも耳を傾けない人。




年下であろうが、新しいものであろうが、アドバイス
を受けたり、新しいものが、面倒で受け付けない
というプライドは捨てて、身をゆるやかにして
いつでも受け入れ態勢を整えておく必要があります。


プライドが理由で相手の助言を受け付けなかったり、
新しいものが分からないがための理由で、古いものの方が
使いやすい!というものは捨てていきましょう。



年下であろうが効率がよい方法を思いついてアドバイスを
している事の方が多いのと新しい事の方がより便利
だったりがよくあります。そこは柔軟な考えが必要です。


上司にもよくあるパターンです。
テレワークをかたくなに拒否をしている上司などもいます。



現在はテレワークが主流に変化しています。



これからも在宅で仕事ができるという、時代も遅くはありません。



自宅で仕事ができれば、何もできない上司よりも
給料が上がりますし、会社には結果だけしか届きませんので、
年下であろうとも実力のある後輩が給料が上である
パターンもあります。

そこの止まっておくのは危険。

そこの止まっておくのは危険。

これからは、インターネットの通信速度も速くなっていきます。
動画やテレビ電話等が主流になる時代です。



自分はここでいいやと止まっておく事は時代への遅れを伴います。
時代へいちいち追いつく必要がないという方も多いですが、
インターネットを使用している以上は変化は毎回求められています。



インターネット、自分は使用していないと言いつつも
スマートフォンを使用していればインターネットを必ず利用
する事になります。



毎日、安い牛丼だけ食べていて大丈夫でしょうか?



そういう訳にはいきません。時にはカレーが食べたくなったり、
ラーメンが食べたくなったりします。それと同じように
変化を続けていかないと自分を変える事はできません。
恐れずに自分の変化を求めていきましょう。

人気記事  未経験からITエンジニアに転職可能か?


人気記事  副業で自宅のパソコンを使用して稼ぐ方法

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です