人生での挫折経験よくある事【体験談込】

人生での挫折経験はよくある事です。
ないという方はいらっしゃいますか


落ち込んで何もしなくなったり、
もう自分なんてダメなんだと思う事
あるんではないでしょうか。


私がした挫折経験とは、

・会社でよく怒鳴られる
・整体の店で働いたが院長を超える技術を使用するな
・会社での陰口が毎日続き辞める
・空手の大会に朝から晩まで練習するが1回戦負け
・小さい頃から親からお前は能力がないと言われ続ける。

こちらに該当する方はこちらの本をマジお勧めします。
この本に私はほぼほぼ上記の事が書かれてあって、
マジで助かり、現在人生は普通に生きていられます。

特に小さい頃から親に、成績等学問の分野で、
怒られる等よくされた方には読んでもらいたい一冊です。



負のスパイラルに陥りやすい方にも絶対にお勧めです。
寝る前に寝れなくて目を閉じるとあの時の負の感情。



負のスパイラルに陥り、寝る事は出来ないけど、
気が付いて目を開けてみたら5時だったり・・・。



同じ事の繰り返しを考えやすい方。



マジでおススメなので読んで欲しいです。
ちょっと分厚いので読みごたえはありますが、
そこにはあなたの望んでる回答があります。



実際のカウンセラーが事実を元に書いた本なので、
実例を沢山出してあるので、かなり自分に役に
立つ1冊です。

スポンサーサイト

挫折から復活するには

挫折から復活するには

先に言わせて頂くと挫折から自分自身を取り戻すには、
自分の心(マインド)を変える必要があります。


子供だから出来るとか言う考えではなく、
大人であるあなたにも、マインドを変える力は持っています。


これからもドンドン変化をしていく事が出来ます。


絶対にできます。表面だけ変える事はできても、
いざとなると肝心の深層心理が変わってなければ、
変える事が出来ません。この深層心理をぜひ変えてください。

自分をダメだと思い込む

自分をダメだと思い込む

自分自身を毎回ダメな人間なんだと思い込む事です。
会社でもよくある事です。



お前使えないなぁ。とかお前にはやる気がないんだよ。



他にも沢山上司などから罵声を浴びせられた事があったり、
陰口等で、あいつは無能、さっさと辞めないかな。



と気が付いたら周りに見方が1人もいない状態で
孤立していて自分はダメな人間だけど、ここで働かないといけない。



学校でも愚痴を言われたSNSを偶然見つける。
掲示板を見つける。イジメに合う。
しかし親には言う事ができない。



こう感じたら、ダメであると思い込みながら
行く前に、辞めてしまいましょう。
 
苦しい現場にいて何が楽しいのか。

スポンサーサイト

完璧主義者

完璧主義者

何事にも完璧にこなさないといけないという思いです。
自分自身のスタイルなどにも当てはまります。


自分はデブだからもてない。とかモデルみたいなスタイルではない
足が短い。等色々と想像してしまいますよね。



どうにもならない骨格である場合は、かなり自信喪失です。
これは育て方にも問題があります。



テストで100点は当たり前、80点70点を取ると
親に怒られる。という点もあります。



この点から小さい頃から完璧になんでもこなさないとという
考え方が身についてしまいます。

目標が高すぎないか

目標が高すぎないか

目標が高いと、これも挫折しやすいです。



目標を掲げないと、頑張れないという方もいるでしょうが、
目標はまずは、目の前の課題から先に解いてしまいましょう。



課題が小さければ階段を1段昇れるはずです。
階段を1段あがらずに急に5階へ行けという訳ではありません。
とりあえず、目の前の目標を達成しましょう。

人から嫌われていると感じる

人から嫌われていると感じる

人から嫌われる事を心配する事です。
例えば飲み会に行って自分の発言が心無い発言であったら、
その飲み会では自分の発言の場所はなくなってしまう。
上司に怒鳴られ、自分は間違いである事を指摘される。
または苛めの標的にされる。



これらがあると自分の意見を言う事が出来ません。
例え上司に怒鳴られ、上司が間違いを言っていたとしても、
上司に反発する事ができません。クビにならないかとか、



上司の言う事が絶対なのだから・・・とか。
嫌われようとも自分の考えを言う事は間違いではありません。
躊躇せずに言う事が必要です。
 


言わなければ、あなたは、いいように上司や、先輩、同僚からも
いいように扱われます。自分の仕事じゃなくても仕事を任されたり、
します。自分の意見を言えるようにしましょう。

スポンサーサイト

挫折から立ち直るには

人から嫌われていると感じる

挫折から立ち直るには上記の事は一部でしかありませんが、
自分が2度とこんな過ちをしないように立ち上がる必要があります。


 
1度挫折を味わうと、なかなか元に戻る事が困難になってしまい
何事にも立ち向かう事ができなくなり、つまりは挑戦という事が
できなくなってしまいます。



挫折を味わい、さらに追い打ちまでかけるのが会社であったり、
学校であったりします。どことも分からない誰かと一緒にいる限り
間違いが恥ずかしかったり、苛め等と言う事に合います。



 
友達がいれば、友達と常に一緒にいよう。
挫折が小さいうちに軌道修正をしよう。



 
会社・学校をを辞めてみるのも手です。
現在は、インターネットがあれば、職業に就く事は可能ですから、
ビジネスの基礎さえ分かれば、誰でもできる事です。


 
セミナーに参加するのもいいですし、ビジネス系の本を
1冊手に取ってみるのも挑戦する第1歩です。




字が多すぎて読む気にはならないがとりあえず全部読んでみよう。
これくらいの挑戦でも全然ありです。



 
完璧でもなくていいし、自分がダメである事は一切ありません。
自分が必要ないと感じる所はどこにもありません。



 
現在の中小企業の社長なんかはビジネスの基礎も分からない方が
多いです。ここでビジネスの基礎の本等を読んでみて、
みんなに読んでもらうブログなんかも作ってみてはどうでしょう。


 
小さな1歩があるければ、そこでの挫折は回避する事が可能です。
階段の1歩目に水があって滑ったのであれば、拭けばいいだけの話です。
 
最初の1歩を怖がらずに歩いてください。

この本を読んでもう一歩先への自信と考えを感じたい方はこの本も
おススメします。ほぼ8割から9割ぐらいの考えの方が持っている

常識


と言われている考えとは違った考えを持てるようになります。
常識外れとでも言ってもいいかもしれませんが、
そんなのお前は常識だろ!と言われるような考えではなく
何事に対してもしなやかに対処ができるマインドです。


次に読むならこちらもぜひおススメします。

マインドセット 「やればできる!」の研究 / キャロル・S・ドゥエック 【本】
created by Rinker
スポンサーサイト

合わせて読みたい  自己嫌悪に陥りやすい改善方法4選

合わせて読みたい  美ボディを目指すボディメイク方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です